スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「2ちゃんねる」閉鎖騒動

2ちゃんねる」閉鎖騒動が続く中で、管理人の西村博之さんに対し、全財産仮差し押さえを申し立てた「35歳会社員」とみられる人物が、自分への質問を受け付けるサイトを立ち上げた。カキコミ数が2007年1月22日までに270を超え、「本当にあの会社員なのか?証拠を出せ!」などという疑問の声も上がっている。

ドメインを差し押さえ「できない理由を知りたい」
そのサイトは「今回ひろゆきを訴えた35才会社員の日記」。
最初に「何か質問があれば答えます」と書き、質問を募っている。今回の事態に至った経緯については、こう説明する――2ちゃんねる上に自分の実名や住所を晒され誹謗、中傷、脅迫を受けた。誰がカキコミをしたのか情報を開示するように裁判にかけ、「開示しなさい」の判決が出たが、ひろゆきさんが無視した。それで「間接強制」により制裁金を課し、500万円まで積みあがった。その500万円を回収するための法的手続きだ。

質問と答えは例えばこんな具合だ。

>2ちゃんを閉鎖させる気?だったら許せないよ
「閉鎖させるなんて一言も言ってないですよね」
>2ちゃんのドメインを差し押さえできる自信はあるのですか?
「むしろできない理由を知りたいですね」
>差し押さえを行おうと思ったのですか?
「賠償金が500万円まで積み重なったからですね ここらでいったん清算しないとまずいでしょ」
>制裁金を取れた場合、会社員さんの方へ全額入るような形になるんでしょうか。
「制裁金はまず取れないでしょうね ですので軽自動車等を差し押さえします」
「2ちゃんの機能停止は起こらない」
>ドメインの差し押さえによる2ちゃんの機能停止は現実に起こりえる事態?
「おこりません。IPアドレス直打ちで見れますから」
>発信者の情報が開示されれば、博之氏への訴えは取りやめるつもりですか?
「そうですね」
そして、管理人は昔から2ちゃんを閉鎖したいと思っていて、ついにその時期がきたということだ、というのが会社員の見方だ。

「(2ちゃんを閉鎖すれば)キモヲタ(気持ち悪いオタク)の怒りと敵意がひろゆき自身にむかってくるのをものすごく恐れていて(中略) 私のような存在をうまくダシに使っているというか、スケープゴートにしたてあげているわけです。つまりひろゆき自身が閉鎖したがっている以上、近いうちに100%確実に閉鎖はします。そしてそれは裁判や差し押さえのせいではないのです」
一方のひろゆきさんは、07年1月16日にニワンゴの携帯電話配信インタビューで、「まだ閉鎖する気はないですー」などと閉鎖を全面否定している。

[J-CASTニュース]
スポンサーサイト

2007年01月24日 芸能ニュース トラックバック:0 コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。